| ホーム | 山田式小顔美人メソッドで小顔に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小顔に見えるメイクのポイント

小顔に見えるメイクのポイントはやっぱり立体感
ですね。

小顔に見えるメイクの必須アイテムとして使われる
のがチークです。

イキイキと魅せる自然な立体感アンジェラ チークカラー レフィル


チークとは英語でcheek、頬の意味で頬紅ともいわ
れる化粧品で、古代エジプトではクレオパトラ7世が
使用した手法ともいわれています。

チークの役割は、血色をよく見せるという他に、顔
に陰影をつけることにより小顔に見せることが出来
ます。

顔に陰影をつけるためには二色以上のチークを使い分
けるといったメイクを施します。

小顔に見えるメイクのコツとして、自分の顔の形に
合った

・チークの入れ方
・チークの色
があります。

①明るいピンクやオレンジといった色のものを使って、
 頬骨あたりに入れぼかします。

チークの入れ方ですが、顔の形のタイプによって少し
違ってきます。

・下膨れ気味 ⇒  高めの位置から長めにいれる
・逆三角形  ⇒  頬骨の下にほんの少しいれる

といった具合に小顔に見えるメイクは違ってきます。


②頬の横側にベージュ、薄いブラウン、オークル系
などのチークを使って、顔全体に陰影をつけます。

下地のファンデーションより濃い色のチークを使う
のですが、あまり濃すぎると悲しい結果になるので
注意したいところです。

そしておでこから鼻筋、目の下などに白っぽいチーク
を使うことによって、顔にさらに立体感が出て小顔に
見えます。


メイクする際の注意点ですが、

小顔に見えるメイクをするときは、明るい場所でメイク
するようにしましょう。

暗い場所でメイクすると化粧が濃くなり、不自然な感じ
になってしまうので・・・


チークに合わせてアイシャドウやリップの色を変えてみる
のもいいですよ ^^



誰でも手軽で効果的! 小川式小顔・美顔術



| ホーム | 山田式小顔美人メソッドで小顔に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。